• ホーム
  • 伽藍バー
  • お飲み物
  • お品書き
  • ライブ情報
  • スタッフ紹介
  • 店舗案内
  • お問い合わせ

2012年12月

絶賛大掃除中!

店と家の同時多発大掃除が始まった。
カーテンを洗うという勢いをつけてから、A型らしく、わたしは細々したところから始める。歯ブラシで風呂場の目地を磨いたりとか。

片づけられない女を克服するために与えられたこの人生、と思って生きて来た。
仕事にすれば好きになるんじゃないかと思って掃除屋になったこともあった。
その経験はだいぶ生かされているけれど、ちゃんとできるようになったのは、ここ数年。神道的人生観を身につけてからかな。

松を二組買って来た。
神様に見つけてもらうための目印ね。
お飾りはいろいろあって迷うでしょうが、皆さん、お願いだから国産のものを買ってください。
今日ドンキで市場調査していたら、今年はMADE IN フィリピンが多かったな。
昨年まではCHINA一色だったけど。
なにが悲しくて外国産の正月飾りつけなあかんねん!!

それにしても、労働のあと朝4時半のドンキホーテでは、必要なものがちーっとも見つからない。
大嫌いだよ、ドンキ。探しづらいったらありゃしない。
 

「真の現代史観」授賞式

もう10日ほど前の話になりますが、伽藍barで何度も著書の出版記念トークライブを開催してくださっている、軍事ジャーナリストの鍛冶俊樹先生が、アパホテル主催の第5回「真の現代史観」懸賞論文で佳作を受賞、表彰式と受賞パーティーに招待してくださったので、明治記念館へと行ってきました。

この賞、第1回目の最優秀賞が田母神俊雄氏で、いまは審査員を務めていらっしゃいます。

今回の最優秀賞は、sengoku38の名前でyoutubeに尖閣諸島での中国漁船と海上自衛隊の船が衝突した映像をupし、物議を醸し出した元海上自衛官、一色正春氏。

その他の論文も拝読させていただきましたが、すべて、日本の自虐的歴史観を覆すものばかりで、胸がすく思いがしました。

同時に、いかに戦後の歴史教育が歪んでいるか、なぜにそのような教育がなされているのかのすべてを、瞬時に理解することができました。

アパホテルのお帽子社長や、妻を広告塔にしている代表の意図はともかく、このような手法で大々的に世に訴えかけようとするその姿勢は素晴らしいと思いましたし、パーティー参列者も各界の重鎮や、親日国の大使館などからも大勢駆けつけ、飛び入りで石原慎太郎氏が熱く語り出したり、乾杯まで2時間も焦らされるという意地悪はありましたが、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

IMG_1817.JPG我らが鍛治さん、輝いている〜(上段ど真ん中)

 

IMG_1823.jpg一色正春さん。

IMG_1820.jpg田母神さん。鍛冶さんが紹介してくださったので、握手をしながら、「実はTPP反対デモでご一緒させていただいてました〜」と言ったら喜んでくれました。笑

IMG_1825.jpg選挙直前のところ、駆けつけた石原慎太郎氏。パーティー会場でもまったく同じ話をしてました。支那と言ってなにが悪い云々かんぬんetc。

このあとのパーティー会場では、地震があったり、立ちっぱなしで講演を聞かされたりくたびれましたが、料理はほかのパーティーよりハッキリ言って豪勢でした。

帝国ホテルでの銀座のお姉さんが集結するパーティーや、政治家のパーティーなんかより。シェフが切り分けるローストビーフのブースが随所にあって、並ばずともありつけるなんて〜。

おみやげは、アパホテルのお帽子社長の顔写真入りパッケージのカレーとおせんべい。

各先生の手元にあったミネラルウォーターも社長のお顔入りでしたわよ〜

生社長も見ましたが、お茶目な感じでしたよ?

というわけで、なかなか楽しく貴重な時間を過ごさせていただきました。

鍛冶さん、おめでとうございます!

秋の徒然

あ、12月になっちゃった。

11月はいろいろありました。17日(土)に、The RedShoesのコンサート@元町クリフサイドがありました。

1-1.JPG

1-2.JPG

いつもアットホームでグズグズな冬のライブですが、今回も例に漏れず、出番に出損なったり、本番でやり直しをさせられたり、歌い終わってすぐトークやらなきゃいけないのに間違えてそのまま捌けてしまったりと、1部のステージではハプニングが続出。

2部では、本番中にスタッフさんの姪っ子ちゃんが「みじゅかちゃ〜ん」とステージに出て来てしまったりして。

3-4.JPG

翌週の連休には、お客さんの結婚式に出席するため、鳥取へ。

伽藍通信11.27で触れています。

久しぶりの旅だったような気がします。

1、2両編成のローカル線を乗り継いで、知らない街の知らない無人駅に降りる。そして、波の音を聞きながら、ただうとうとと過ごす。

日本には良い景色がまだまだたくさんある。

車窓.jpg

丹後神崎.jpg

帰って来てすぐ、鹿児島からライブツアーのご一行様がいらして、(九州にはないという)サイゼリヤとか、築地市場とか、ニューニコニコ.jpg昼間っからニューニコニコとか、南インド料理 ダルマサーガラなどをご案内し、粗食自炊の自分としては贅沢三昧の日々でございました。

ダルマ.jpg

伽藍でのライブも、盛り上がりましたよ〜。まともな写真がなくてごめんなさい。

ユージバンド.jpg

それでは、はりきって12月もいってみましょうか!

1