• ホーム
  • 伽藍バー
  • お飲み物
  • お品書き
  • ライブ情報
  • スタッフ紹介
  • 店舗案内
  • お問い合わせ

2014年3月

さとやま農学校 銀座伽藍Bar店主 手相鑑定師mizkaのブログ

今年から通い始めた農学校。2月からのスタートだったが、一回行っただけでその後大雪に見舞われ、補講のタイミングも合わず、わたしの本格スタートは3月からとなった。

3月第一週の受講日は大雨の中、雪でひしゃげたハウスの一部で、座学と、米ぬかで堆肥づくり、水菜の種まきなどをした。寝ないで行ったので、雨の音が心地よく、体を動かしていないと眠ってしまいそうだった。

ハウスの中で堆肥づくり。米ぬかに、必須ではない廃蜜糖、水を混ぜただけで、何日か寝かせれば発酵、発熱する。そこに魚かす、豚骨粉を入れて更に発酵させると、肥料ができる。

一週間後のハウスの中は、発酵の香ばしい匂いが漂っていた。温度計で測ると、50度ぐらいまで上がっている。

皆でわらを葺いて枠を作った踏み込み温床には、落ち葉と米ぬかと水を混ぜ込んで寝かされば、土を肥やす堆肥ができる。

そして、落ち葉をカブトムシの幼虫に食べてもらってできた腐葉土、こういったものを畑に入れて土を作って行くのだ。

3月第2週目はよく晴れて、絶好の農日和。ハコベの絨毯ができている畑を鍬で剥ぐって、そこに腐葉土を振りまく。ハコベも残った赤かぶも混ぜ込んで、それらは次の作物の栄養になる。全部鍬での手作業だ。トラクターなどを入れて重たい車輪が土を踏み固めてしまうと、良い畑にはならないそうだ。

元掃除屋だったわたしとしては、柄のついたものを取り扱うのは、慣れないわりにはなかなか得意。

そしてじゃがいもの種付け。ある法則に倣ってカットして乾かした種芋を、掘った土に埋め、合間に若い肥料を「待ち肥」して、芋の根が肥料に向かって伸びてくるように誘導する。

これは大雪のために肥料作りが遅れてしまったせいだ。本来ならば、熟した肥料を最初から土に混ぜるそうだが、このやり方の方が楽な気がする。。

種芋には土をかぶせて行くが、収穫の際、掘らなくて済む芋のつくり方として、一部は土をかぶせずに黒いマルチ(ビニール)をかけた。こちらは芋掘りならぬ芋拾いとなるようだ。

ランチには、ベジタリアンフードのケイタリングがつく。毎回、アワやヒエを使った雑穀の凝った料理と、分づき米、味噌汁。これがなんとも美味しい。ホッとやさしいお味。血糖値が緩やかに上がるので、満腹で苦しい〜ということには決してならない。

自分では絶対にやらない疑似肉、疑似魚料理。先日は、魚フライに見立てたヒエのフライ。ご丁寧に、衣の下には魚の皮に似せたものまでついていた。

つぶつぶ雑穀料理の大谷ゆみこさんのところで修行した方のお料理らしいが、実はわたしがベジタリアン料理に興味を持って初めて読んだ本が大谷ゆみこさんのものだった。20年近く前の話だが。今も現役バリバリで若手を指導しているらしい。写真でお顔を拝見すると、見た目が当時から変わっていないのがビックリ。(化け物だな。)

平日の昼間、眠い目をこすりながら通う相模湖だが、とても贅沢で新鮮で楽しい時間だ。

最終的に、自分で農作物を作れるようになる気が、今のところあまりしないのだが、習うより慣れろということで。

前回までは雪の下を生き延びたカブやほうれん草をたっぷり収穫して持ち帰ったが、次回からしばらくは手ぶらかな。

本当に良い先生に出会えてありがたい。人の縁に心から感謝です。

 

IMG_2841.jpgもちあわのキジ丼 IMG_2974.jpgもちあわグラタン。

IMG_2976.jpgひえのお魚風フライキャロットソース。

いちいちすべてが美味しくて、ほんとーに幸せです。
 

10周年ありがとうございました。銀座伽藍Bar店主 手相鑑定師mizkaのブログ

2月19日、伽藍Barはおかげさまで10周年を迎えました。

IMG_2921.jpgたくさんのお花をありがとうございました。

IMG_2919.jpgギタリスト坂村くんから。IMG_2927.jpg初代メンバー金ちゃんからもお花がとどきました。

IMG_2929.jpgうわばみ仲間のしいちゃんからも。IMG_2966.jpgベリーダンサーのkayoさん、Ayumiさんからはワインつきのお花が!

IMG_2964.jpg

IMG_2928.jpgIMG_2923.jpg IMG_2933.jpgお酒の貢ぎ物の数々。

IMG_2932.jpgチカさんからは、記念日はいつも虎屋の甘いものをいただきます。

IMG_2934.jpg IMG_2935.jpg IMG_2936.jpg

1940067_605294979539061_1389780543_n.jpg偶然にもカホンの栗原さんもお誕生日ということで。

1957403_605294999539059_341790439_n.jpgトリオ・デ・ガラン+1。photo byしいちゃん

1624830_605294952872397_722938036_n.jpg三国一のシャーワセもの!

2月は閑散とする銀座ですが、ご祝儀来店も多く、ありがたい2月でした。本当にありがとうございます。

皆さまの、心休まる場所を提供できるように、今後もがんばりたいと思いますので、末永く伽藍Barをよろしくお願いいたします。

とりあえず、まん丸のお顔と二の腕を何とかしたいと思う所存でございます。

ありがとうございました。

 

1